FC2ブログ

遊劇体のお芝居を拝見しました。

遊劇体のお芝居を拝見してきました。
#62本公演『空のトリカゴ~Birdcage In The Sky~』
@THEATRE E9 KYOTO

文体と演技のギャップ
演技と曲のギャップ
ドラマと演出のギャップ
それら複数多重の「ゴリッ」って感じがクセになる人はいい時間になるだろうし、受け付けなければ引いて遠くから眺めることになるんだろうなと感じた。いずれにせよ「スルゥー」と抵抗なく流れる時間よりは真っ当だとは思う。真っ当でなければこんなに長いこと続けてらんないよなぁ。演劇始めた大学一階生で観てるんだ僕。

鳥かごの中の小鳥を丸呑みにした蛇が、(丸呑みしちゃって体がおっきくなっちゃったからカゴから出らんなくなって)それを消化して(再びスリムになって)カゴから出て行く。というメタファーが体現されていた頃の遊劇体の印象がいつまでたっても僕の中から消えない。つまり今回なら「蛇」役が登場し「小鳥」役も出てくる。美術がむしろ逆転して畳とちゃぶ台と…とか。

長い長い劇団の歴史の中、古典からオリジナルから旅をして、いろんな方向に振り切れてきてキタモトさんのなかで「今はこう」っていう文体と演出、演技方法なんだろうなと想像する。ただ僕にとっては、今回見たのに関してはフォーカスがずれていると感じた。「ゴリッ」のために「逆張り」する結果、「逆と逆」がかけ合わさって中和されて呆けたような印象。特に俳優の役に対するアプローチに「うーん」と思った。前回に劇研で拝見した「ふたりの蜜月」ではそんなこと思わんかったんだけども、なにが違うんかしらなぁ…。

もっと「神話」的に、行間を作って空白を作って、つまりスッカスカにする。「父という型」「母という型」にする方向もあったろうし、もっと「具体」的に、カツオ(父の役名)のカツオ性というか、ユニークさですね。それを出していく方向もあったろうと思う。そのちょうど間の「ステレオタイプ」という一番気持ち悪いというか、「俳優が手を抜いている」ように見えるところでやらせてしまってい様に感じた。 

正直、大熊ねこ、は「上手い」俳優ではないが、けっして不誠実な俳優ではない。むしろ熱くて鬱陶しいタイプなのだけれども、その彼女が「ほとんど役作りをしているように思えない」程度の厚みでしか役を表現できておらなんだ。それが逆に振れて「母性なるもの」とかを表象できてるのかっていうとそんなこともなかった。「俳優の下手さを隠す為の演出法、演技法」に見えてしまうのはとってもまずいと思う。(もちろんこの時の「俳優の下手さ(巧さ)ってなによ?」という根本の議論はあるのだけれど)

そんな中で松本信一さんは戦っていたなぁ。うん。素敵だなぁと思った。ただその戦いは非常にドメスティックな戦いだ。役との戦い、演出との戦い、自分との戦い。外部にいるお客さんに伝わるのは今んとこその「戦っている熱量」だけなんだけれど、それをもう一歩進められたらなぁ…。合わせ台詞やモノローグで説明されていたことが、体からセリフの端からお客さんに伝わったら…というか伝えられる俳優さんなんじゃないかと思った。

偉そうに書いてしまっているので(ってのも変ですけども)週末、人間座頑張ります。見に来てくださいませ。

人間座第65回公演
「靴を失くして」
徘徊していた老人は片方だけ靴を履いていなかった
11月29日(金)~12月1日(日)14:00
詳細>http://ningenza.com

宣伝宣伝。来週末人間座のこととか(久々動画も)


めっきり寒くなってきました。風邪など引いてらっしゃいませんでしょうか?田中遊の活動のお知らせです。
先週11月12日に京都アバンギルドでのショーケースイベント3CASTSに出演してまいりました。「ボソボソ風」というタイトルのルーパーを使ったパフォーマンスでした。自分でもかなり手ごたえがある作品になったと思っています。こちらの方は来年2月の「戯式vol.10」でさらにブラッシュアップしてお届けできると思っております。

[ ボソボソ風 ] in 3castsの様子(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=2V1C8M3E_lE

そして来年の話はちょっと置いておきまして来週末に京都の老舗劇団、人間座さんに客演をいたします。

<><><><><><
人間座第65回公演
「靴を失くして」

徘徊していた老人は片方だけ靴を履いていなかった
演出:合田団地
出演:菱井喜美子/多賀勝一/佐々井泰子/田中遊/ 沢大洋
 11月29日(金)14:00/18:30
 11月30日(土)14:00/18:30
 12月1日(日)14:00
場所:人間座
詳細>http://ningenza.com
<><><><><><>

こちらぜひご予約くださいませ。認知症のお年寄りが出てくるお芝居です。私は実年齢45歳で、お芝居の中では47歳の役。ほぼ同年齢の役を演じさせてもらっています。私の両親は父母ともまだしっかりとしているのですが、この先いつやってくるのかしら?など、やりながらもいろいろ考えさせられるお芝居です。ぜひご覧くださいませ。

年内はそれで打ち止めです。年が明けますと、すぐ再び客演でございます。

<><><><><><>
アイホール 現代演劇レトロスペクティヴ
コンブリ団

「 紙 屋 悦 子 の 青 春 」

■作/松田正隆
■演出/はしぐちしん

2020年
 1月17日(金)19:30
 1月18日(土)14:00 / 18:30
 1月19日(日)14:00

詳細>https://conburidan.blogspot.com/
<><><><><><>

コンブリ団は2016年9月以来になります。深津篤史さん作の「カラカラ」を劇団ジャブジャブサーキットの、はせひろいちさん演出で上演したものに呼んでいただいた以来になります。今回の演出は、はしぐちさん。そして松田さんの作品…。初期、マレビトの会に参加させていただいておった身としてはグッとくるものがあります。

で、それが終わりまして2月に一人芝居でお目にかかれればと思っております。年末年始も貧乏暇なしで活動しております。どこか一個でもご都合がよければみにきてくださいませ。

劇団速度のこと

先週土曜日、劇団速度の公演を拝見してきました。感想を書きたいなぁと思っていたのですが、ちょっと時間も取れずにタイミング外した形ですが…。

いやとても「芯を食ってた」と感じたのです。何しろ美術がもう超絶かっこいい。あと呼吸の演出もすっげーエッジが立って届くのに奇をてらってる感も、「それだけに頼りすぎ(お腹いっぱい)」感もなく。これは本当にすごいなぁと。思ったんです。

で僕の一番の関心は、
なぜそんなにも芯食ってる(私がやられてる)作品にも関わらず、寝てしまったのか?ということなんです。
はい。正直申しまして途中で結構寝てたんです。それはなんでやろうか?と。

「ちょっと集中して声を(そして言葉を)聴きたいなぁ」とおもって目をつぶったのが悪かったのか。
いや「寝ること=悪いこと」でもないんだろうけれども。

明らかに「芯を食っていた」。が。その芯になんもなかった。
と、私は感じたということだろうと思うんです。アボガドの種がない感じ。コア、核。

開演前に舞台上でご挨拶されてその場でもおっしゃっていたし、また挟み込まれていたいわゆる「当日パンフレット」にも明記されているのだけれども、素材として扱った三好十郎の戯曲を
1)「読めばわかることは本作に一切登場しません」
(この「登場しない」とはいかなることかということも考え所。つまりそれが「登場する」とされている場はどこなのか?舞台上?観客の頭の中?両者は違うものなのか?違がわないけれど違うと仮定するべきものなのか?…)
2)「原作が三好十郎である必要もありません」
(必要というのは誰にとっての?また必要のある無しと別の問題として事実原作者は三好十郎である。その作品を体験したものにとって「三好である必要がない」というテーゼはどういう意味を持つのか?)
3)「目の前で瞬間においている出来事を見ること、それだけがこの作品の前提(中略)…それだけが重要です」

ふむ。上の番号は私が適当に振っただけで意味はない。またその文章に書かれていることがその三点に要約されるという意味でもなくって単に話を進めやすくするために振ったのです。ご容赦を。

3)に関しては腑に落ちるというか、私本当にその「目の前で起こってること」には打ちのめされたんです。かっこよかった。ちょっと話それますが美術館で映像インスタレーションで見てたらなんか何回もループしてみてたかもって想像します。うん。多分そこに僕とこの作品の問題(とあえて呼ぶならば)があるんだな。でも寝たんですね。結構キップ良くというか、潔くというか「うん。これは寝てもいい奴」と思った記憶がある。

…四日ほど寝かしたのにうまくまとまる気がしないのでもう「まとめる」気なく乱暴に進めますね。
乱暴に、すごく乱暴にいいますと

「俳優があと100回ずつ台本読んでもう一回やったら、バケモンみたいな作品になる」と僕は確信しているんです。
前提としてまず「バケモン」ってのは「田中遊にとって」ってことですねもちろん。私がムッチャクチャ見てみたい、感動するだろう作品ってことです。つまり今回の演出意図とは違ってるだろうと。また「確信」と言ったってこれは原作も読んでなければ俳優さんひとりひとりも知らないわけですから、あてにはなりません。それでもなんかそう確信してるんですね。なぜと言われてもうまく答えられませんが。

演出家が1)2)のようなことを言っている以上、俳優さんたちの作品への関わり方に難癖をつけようってことじゃないんです。「俳優かくあるべし」というのは僕なりにもちろんありますが、見ず知らずの他の俳優さんにそれを押し付けようとするほど面の皮厚くない。実際俳優さんも美しかったしね。声に色気と説得力がある人が多かったかなぁ。「声として商品になるセリフの言い方」ができる人が少なくなかった。

今時あるのかわからないけれど僕の年代の「脅迫状」の定番といえば新聞や雑誌の切り抜きをコラージュしてメッセージを作るって奴だったんです。(若い人はもう分かんないのか?今でもそういう犯罪サスペンスドラマでは使われてんのかしら?)その三好十郎さんの台本にハサミをジョキジョキと入れて、「さ」という文字と「よ」「う」「な」「ら」という文字を別の紙に貼り付けて「さようなら」という意味に読めるペーパーを作るという作業(これじゃ脅迫文じゃないけれど)まぁそういう作業をしたいのだよ。するのだよ。元の新聞が何日の新聞で、それぞれどんな記事から切り抜いてきたかってのは問題じゃないよ。というのが1)2)の言いたいことだと思うんですけれども。(多分ここまでは間違ってないと思う)そうして記号として抜き出された「セリフ」に対して俳優がどう向き合うのか?

俳優が「記号」を記号として出力することを引き受けることは、すなわち俳優の否定だと僕は感じて、そしてコンセントを引き抜くように寝たんだろう。
ああ、だからやっぱり「俳優かくあるべし」なんだな。はずかしい…。でもそれはまぁいいじゃないですか。僕が思って僕が客席で寝る分には。ね。

記号を記号として出力するのなら、パソコンに音声喋らせてもいいし、字幕で出してもいい。音響出しでもいいよ。
俳優の作業は(牧歌的に単純化していうと)「記号」として台本に書かれている文字列(僕らの場合大概日本語、ひらがな、漢字、カタカナの列)から「声」を生み出すこと。「生み出す」というのが大層すぎると思われるなら、きっとその人は俳優の仕事について舐めてる。と僕は思う。

言葉には「それが生み出される過程、運動」がある。その言葉がどれほどみすぼらしくても、話者の真意を全く表現できていなくても「言葉を語った(あるいは沈黙した)」という運動がそこにはある。俳優の仕事は「記号」からその運動を復元することだ。それは端的にでっち上げかもしれないし、それでいい。ただの曲がった白い棒キレにしか見えない「恐竜の爪の化石」からフルカラーの恐竜をでっち上げること。例えば。

脅迫状に貼られた一文字一文字は、記号的に機能するように文脈から切断されている。「みのしろきんをよういしろ」そのメッセージに観客は震撼するかもしれない。でもそれは切り取る人=演出家構成の仕事だ。じゃ、俳優の仕事は?「み」の字が政治面から切り抜いた「み」なのか?ラテ欄から切り抜いたのか?「景気は足踏み」から切り取った「み」なのか、「みんなでゴミ拾い」の「み」なのか?そこに強度があってこそ「コラージュ」たり得る。そこに強度がなければ「コラージュに見せかけて、実は上から書いてます」ってことだ。と感じる。

俳優が原作をそれこそそれだけで成立するような精度密度で練習し(いや、すごい理想論ですけどね)、それが完成した上で、その中からセリフを抜粋して、構成し直したならコラージュでしょうよ。でもそうじゃないのが伝わったので僕には。
いやこれもただ僕の感じ方です。大概、良い作品は鏡に感じるものですから、当日の僕がスカスカだったからスカスカに見えた、というのが真相である可能性は大いにあります。

「コラージュする手つき」だけが眼前に提示された。その「手つき」は実に実に実に!(三回書いたった)センスがいい?違うな。「芯食ってる」僕にとって。だった。んだけど。その手つきだけがあって実際にはコラージュじゃない。そういう時間だったんだと思います僕にとっては。

京都の人にだけわかる例えをしますと新京極の四条通りから入ってすぐにロンドン焼きの店舗があるじゃないですか?ガチャンガチャン言いながら回ってる奴。あそこのシステムはすごい格好良くて見入っちゃったんですけど、良く見ると、何も焼いてない。空回りしてる感じ。そんなことだったように思うのです。
繰り返しですが、俳優さんたちのアプローチが間違ってる!と文句言いたいわけではなく。というのも多分そういう風に演出されたんだろうと思うからですが…。私自身が三好十郎をまったく知らないのにいうのもどうかと思いますが

2)「原作が三好十郎である必要もありません」

が成立するためには三好さんがその言葉を戯曲に記したという「運動」について、またその戯曲の中の登場人物たちの「声」について、相当突き詰めないといけない。「三好十郎とはなんであるか?」ということが未確定ではそのテーゼは成り立たない。
「スポーツマンである必要はない」という言明は「スポーツマンの定義」が必要です。「こういう人がスポーツマンなのだ」ということですね。それがないと底が抜けちゃうでしょ。何言ってるかわからない。
もちろん演出家の野村さんは相当読み込まれているでしょう。まさか山勘でテキスト抜いてきてるとも思えない(いやそうかもしれないけれど、やってできないことないかもしれないけれど、ちょっと心細すぎて、想像できない)ただ、舞台上に彼はいなかった。

最後にもう一度書くけれど、俳優それぞれがあと100回台本読んでやったらバケモンみたいな作品になると思う。


twitter
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
リンク