年の瀬、娘と二人のマチ

クリスマスプレゼントは、半ばマンネリになりつつある。
「ホットペッパーにでている、安めで長い時間のエステ」
もちろん、奥さんがそこに言っている間、娘の面倒を見るというのも込み込みで、まぁ一年の感謝を込めてですね。プレゼントな訳です。

娘は寺町三条のかに道楽の巨大ガニの前から20分ほど動かない。
うん。気持ちはわかる。でかいよね、あれ。

でも、寒いよ?行こう?

「ちょっとまってな。」

あ、うん。待つけどさ。てかさっきからずっと待ってるけどさ。え?何を待ってるの君は?

「ちょきちょきしてはるなー」

うん。そうね。(間)で?

「おっきいなー!」

うん。おっきいね。(間)いこっか?

「ちょっとまってな」

・・・・・。


娘と歩いていると、まちなかには「動物」であふれている事に気がつく。かに、ゴリラ、ウサギ、ねこ、ネズミ、熊・・・・。

しかし、「現実の私の生活のなかで、近くにいるもの。見たことがあるもの」は少ない。犬ネコ位は近くにいるが、ゴリラって。まず日本の森や山にいないし。

それらのぬいぐるみやら、オブジェやらが町にあふれている。

なんでだろう?
どういう心理的なあれでもって、町に動物がディスプレイされるのだろう?

とか考えてると、あぁ~・・・。漏らしちゃったね。うん。寒いしね。リンゴジュースもいっぱい飲んだしね。カッパ寿司で。

とにかくうちの娘、声がでかい。すぐ歌いだす。
そのくせ人見知りで、恐がりなんだなぁ・・・

どんな風に成長してくんだろ?
カニさん、見てるんじゃなくて、食べに行こうね、いつかね。
お父さんがんばる(笑)





































コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク