翌日ラボ!

さてさて。本日はラボの日でした。

寒い寒いと言いつつも、でもやっぱり劇研で稽古が出来ると言うのは、とてもとても恵まれた事だなぁと思いました。

しばらく劇研がフル稼働だったので、他の場所でお稽古をする事が多かったせいもあって、やはり随分と声量に対しての意識が低くなって来ていました。

ので、そこのてこ入れ。
福田隊長の指導のもと発声練習です。

別に舞台声でなくても、大声でなくてもいいのだ。が。
あんまり小さすぎると、テキストの内容よりも、「何かつぶやいている人」「何かぼそぼそ言っている人」という情報が一番前に出て来てしまう。

それでもいいシーンがあり、又それではダメなシーンもある。

ということですね。

ま、今更ではありますが、日々の生活の中で意識を浸透させていくしかありません。
週に2度ほど、「下半身から声を出す」意識をもてたとて、それでは到底「武器」として使用出来るレベルにはならないのですね。

大声大会をしたいわけじゃないので。その声を使って、どうするか?「道具」なわけです。
ですから、「使い慣れない」とまずいのですね。

使い慣れない道具を使って、良い仕事はできません。
「海外旅行に出かける時には履き慣れたクツを」
そういうことです。難しいことを、実現する為に使う道具には、「慣れておく」必要があり、その「慣れ」は週2回のラボだけでは決して獲得出来ないものなのです。



コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク