FC2ブログ

遊劇体のお芝居を拝見しました。

遊劇体のお芝居を拝見してきました。
#62本公演『空のトリカゴ~Birdcage In The Sky~』
@THEATRE E9 KYOTO

文体と演技のギャップ
演技と曲のギャップ
ドラマと演出のギャップ
それら複数多重の「ゴリッ」って感じがクセになる人はいい時間になるだろうし、受け付けなければ引いて遠くから眺めることになるんだろうなと感じた。いずれにせよ「スルゥー」と抵抗なく流れる時間よりは真っ当だとは思う。真っ当でなければこんなに長いこと続けてらんないよなぁ。演劇始めた大学一階生で観てるんだ僕。

鳥かごの中の小鳥を丸呑みにした蛇が、(丸呑みしちゃって体がおっきくなっちゃったからカゴから出らんなくなって)それを消化して(再びスリムになって)カゴから出て行く。というメタファーが体現されていた頃の遊劇体の印象がいつまでたっても僕の中から消えない。つまり今回なら「蛇」役が登場し「小鳥」役も出てくる。美術がむしろ逆転して畳とちゃぶ台と…とか。

長い長い劇団の歴史の中、古典からオリジナルから旅をして、いろんな方向に振り切れてきてキタモトさんのなかで「今はこう」っていう文体と演出、演技方法なんだろうなと想像する。ただ僕にとっては、今回見たのに関してはフォーカスがずれていると感じた。「ゴリッ」のために「逆張り」する結果、「逆と逆」がかけ合わさって中和されて呆けたような印象。特に俳優の役に対するアプローチに「うーん」と思った。前回に劇研で拝見した「ふたりの蜜月」ではそんなこと思わんかったんだけども、なにが違うんかしらなぁ…。

もっと「神話」的に、行間を作って空白を作って、つまりスッカスカにする。「父という型」「母という型」にする方向もあったろうし、もっと「具体」的に、カツオ(父の役名)のカツオ性というか、ユニークさですね。それを出していく方向もあったろうと思う。そのちょうど間の「ステレオタイプ」という一番気持ち悪いというか、「俳優が手を抜いている」ように見えるところでやらせてしまってい様に感じた。 

正直、大熊ねこ、は「上手い」俳優ではないが、けっして不誠実な俳優ではない。むしろ熱くて鬱陶しいタイプなのだけれども、その彼女が「ほとんど役作りをしているように思えない」程度の厚みでしか役を表現できておらなんだ。それが逆に振れて「母性なるもの」とかを表象できてるのかっていうとそんなこともなかった。「俳優の下手さを隠す為の演出法、演技法」に見えてしまうのはとってもまずいと思う。(もちろんこの時の「俳優の下手さ(巧さ)ってなによ?」という根本の議論はあるのだけれど)

そんな中で松本信一さんは戦っていたなぁ。うん。素敵だなぁと思った。ただその戦いは非常にドメスティックな戦いだ。役との戦い、演出との戦い、自分との戦い。外部にいるお客さんに伝わるのは今んとこその「戦っている熱量」だけなんだけれど、それをもう一歩進められたらなぁ…。合わせ台詞やモノローグで説明されていたことが、体からセリフの端からお客さんに伝わったら…というか伝えられる俳優さんなんじゃないかと思った。

偉そうに書いてしまっているので(ってのも変ですけども)週末、人間座頑張ります。見に来てくださいませ。

人間座第65回公演
「靴を失くして」
徘徊していた老人は片方だけ靴を履いていなかった
11月29日(金)~12月1日(日)14:00
詳細>http://ningenza.com

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク