FC2ブログ

別れと出会い

一昨日、舞台芸術協会のミーティングに出かけたあたりから原付スクーターの調子が急変(「急変」といってよかろうと思う)し、昨日行きつけのバイク屋さんに搬送したのだけれど医師(=バイク屋のおっさん)の口から出た言葉は非常なものであった。

「もう、買い替えはってもええかもしれませんね」

うん。医師(=メガネかけたバイク屋の気のいいおっさん。多分同い歳ぐらい)の言葉を鵜呑みにするわけにも一顧だにしないわけにもいかず、何せはっきりしていることはお金がかかるということだ。

修理するにしてもお金がかかる。
新車に乗り換えるにしても(なお)お金がかかる。
そして今私にはお金がない。
しかし毎日の出勤や稽古場への移動に原付スクーターを使わないわけにはいかない。
「苦渋の決断」という言葉があるが、苦り切って渋り切ってなお、新車に買い換える決意をし、今しがたバイク屋で諸々の書類にハンコを押してきたのである。

これまでお世話になった原付バイク、書類を見たら平成二十六年10月に買っている。つまり五年間のお付き合いだったわけだ。いままでありがとう。

今度の子は明後日には用意ができるとのこと。次の子は是非優しく優しく乗って、甘やかして六年ぐらいは乗りたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク