FC2ブログ

クラス劇の指導

私たちが体育館に足を踏み入れると、ただ事ではない熱気と湿度に包まれた。この季節の「体育館」はサウナといって差し支えない。今日、演劇の指導に伺った中学校でも勿論そうだった。体育館みたいな容積の大きい施設を丸ごとカバーできる空調設備、となったら一体どれぐらいのお金がかかるのもなのだろうか?私には想像もつかない。
そこは高槻市の中学校だった。阪急の高槻駅近くの集合場所から来るまで現場の中学校に向う間に、何件も屋根にブルーシートをかけている家屋を見掛けた。先の自身で建物の組み合わせみたいなものがズレてしまい、そのままでは雨漏りがするのだろうか。
仮に自身で家屋が倒壊したとしたら、人々の避難する先は、このサウナなのだ。これはたまらんなぁと思った。無邪気見えるこの中学生たちも、きっと当日当時にはすっごくおっかなかったに違いない。登校中だったり、部活の朝練だったりしたのかもしれない。チャイムが鳴った。まとまりがつかない頭のまま、中学生たちに向って話し始めた。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク