FC2ブログ

一昔

タイムカードを機械に通すと「がしゃん」といつもの音がしてカードが戻ってくる。「お疲れさまでした」ぐらいの音声が出ても良かろうと思うのだが、逆にわざとらしくて良くないのだろうか。すぐ側の壁に取り付けてある「タイムカード差し」に自分のカードを戻した。それは百人からの従業員のタイムカードを見やすいように保管する為に、いくつものスリーブがあり、一人一人のカードを差し込んで置く代物だ。ウチの会社の事務所は二階にあり、そのドアの出てすぐの所にタイムカードに打刻する機会が置かれていた。休憩室兼更衣室は三階にある。私たち従業員のロッカーもそこだ。階段を上っていくと二階と三階の中間の踊り場の壁に何ごとか書き込まれている紙が張り出されていた。その踊り場の壁は掲示板ということになっており、「何月何日の何時からガス屋が工事をします」だと「落とし物がありました」だのという情報が
随時張られては外されるのだ。従業員は一応出勤前にも退勤後にもそこに貼られている紙に注意を払うことが約束となっていた。今日張られていたのは、長期勤続者の表彰の旨だった。「田中遊」という文字が「勤続十年」という欄に名を連ねていた。ありがたい事だ。


が張られていた。そこは掲示板になっていて

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク