FC2ブログ

三杯のコーヒー

土砂降りの雨の水曜日、午前八時過ぎ。私は大山崎町にいた。朝の配達が比較的スムーズにすんだので浮いた時間でファミリーマートに立ち寄ってホットコーヒーを買った。
雨脚が弱まって来た十時半頃。私は宇治市にいた。宇治の庁舎に向かう手前でちょっとトイレに行きたくなった私は、道沿いの広い駐車場に車を入れた。ローソンだった。私はトイレを借りて出て来てから、何を買おうかと思案した。何も買わずに出るのは忍びない。というか恥ずかしい。とはいえお腹も減っておらず取り分けて欲しいものがあるわけではない…。結局私は又ホットコーヒーを頼んだ。私は「コーヒー飲み」で一日に二杯ぐらいは珍しくも何ともない。休日家で仕事となると、まず朝一でポットにいっぱいのコーヒー(五杯分ぐらい)を入れて、それから仕事に取りかかる。でも一日に「違うコンビニのホットコーヒー」を飲んだことは記憶に無かった。「記憶に無いな」ということが私の頭の片隅に引っかかった。
しとしとの雨になった午後三時前。私はセブンイレブンでホットコーヒーを買った。ローソン、ファミマ、セブンと一日で三種類のコンビニコーヒーを飲み比べた結論を言おう。
「田中遊の舌は高性能な上等品ではない」
正直、三品の「味が違う」ことまではわかっても、その違いとは「どこがどのようになのか?」ということを叙述することはできない。セブンのコーヒーが一番口にあっていた気がするけれど、それだって普段一番飲んでいて慣れているからである可能性は極めて高いのだ。三つたまった紙コップを重ねてセブンイレブンの込み箱に捨てた。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク