FC2ブログ

笑うしかない

昨夜の夜中。片付かない仕事を一旦端に寄せて私は風呂に入る事にした。服を脱ぎ、カゴからバスタオルを一枚取って風呂場に入った。お湯はまだ温かかった。掛かり湯をして「あー」と声を出しながら湯船につかった。顔にお湯をかけて洗い、いつものように電動歯ブラシを口にくわえて、うとうととしながらも仕事の打開策について考えていたその時、ぐらぐらっっと団地が揺れ始めた。余震だ。私は揺れる浴槽の中、真っ裸で少し笑ってしまった。「正常化バイアス」とかいう難しいことではないと思う。掛け値無しで「笑うしか無い」状況というものは人生の中で少なくない回数遭遇するものだ。私はそれが昨日だった。そういった時に実際に笑うのかどうかには個人差があると思うが…。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク