FC2ブログ

私は狭い湯船の中、足を折りたたんで湯にに浸かりながら電動歯ブラシのスイッチを入れた。歯ブラシは持つ柄の部分が太くできていて、ちょうど十円玉を重ねた束ぐらいの筒型をしている。その真ん中あたりに緑色の電源ボタンがあり、それを押すと歯ブラシは振動し始め、二分たつと自動でスイッチが切れる仕組みだ。私は歯ブラシを咥えてそれを口の中でゆっくり移動させる。風呂に浸かりながらぼんやりやっているものだから二分間では上下全ての歯を磨くことができない。いつもそうだ。どうして二分間で切れるのか?もちろん切り忘れによるバッテリー上がりの防止だろう。ではなぜ「二分間」なのか?誰かから聞いたのだが、「一度の歯磨きにかけるべき最低の時間」というのがそうなのだそうだ。1日に二度ほどそうして「二分間」歯磨きをすることで、歯は「最低限」清潔に保たれるらしい。真偽はともあれ、私にとって二分間は短かった。とても短い。だいたい三度ほどはスイッチを入れなおすから、だいたい8分間は歯ブラシを口の中に入れているのだ。歯茎がマッサージされるのが気持ちいいからだと自分では思っているが、案外そうではなくて、タバコや、ペロペロキャンディや、おしゃぶりの代わりになっているのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク