FC2ブログ

贅沢な時間

私は少し早めについた稽古場でストレッチをしていた。今日の稽古はここの所使わせてもらっていた制作室8ではなく制作室6だった。小道具などは制作室8に置かせてもらっているので、それを6に運んでいると、思いのほか時間が取られた。芸術センターにつくのも予定より三十分おそくなってしまったこともあり、さあやるぞ、となった時にはもうゆうみさんがいらっしゃるまで五十分を切っていた。急がねば、と私は思った。手順をはしょったり、時間を短くしたりして身体の筋肉を伸ばしていった。途中で気がついたのは「焦ってストレッチなんて出来っこ無い」ということだ。どれだけゆったりとした気分でリラックス出来るか、というのがストレッチにおいては一番大きな問題だと気がついた。これは勿論「私にとって」ということだけれども。それからは運動の数を減らして、その代わり時間はいつも通りゆったりとストレッチする事にした。私はゆっくり息を吸った。ゆっくり息を吐いてゆっくり筋肉を伸ばした。地球の引力とやさしいBGMがそれを手助けしてくれた。これはなんて贅沢な行為なのだろう。と私は思った。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク