FC2ブログ

時候の挨拶とか

午前中で配達の仕事を終わったので、私はさっさと帰宅して「耳で楽しむ古事記〜上巻連続上演〜」の招待状を送る作業をした。これが毎度、骨の折れる作業のなのだ。まず印刷物を用意する。招待状、企画書、プロフィール、それから宛名シールをプリントアウトしなければならないが、必ずその作業中に紙なりインクなりシールなり、何かが足りなくなって中断を余儀なくされるのだ。「準備不足」と言われればそれまでだが、机の引き出しに入っている封筒の残りの枚数を一体誰が正確に把握しているだろうか?そんなわけで今日も作業の途中で百円均一のダイソーまでバイクで走るはめになった。家を出る前に封筒を閉じるためのノリの残りを確認した自分を褒めてやりたい。封筒と液状ノリを買って家に戻り作業を続けた。一筆箋にご挨拶文を書いた。我ながら笑ってしまうぐらいに汚い字だ。でも、この前消しゴム判子で自作した一筆箋に一枚一枚メッセージを書く作業は、これまでになく楽しい作業だった。結局作り置いていた一筆箋、全て使い果たしてしまった。

また作ろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク