FC2ブログ

季節外れの花火大会

「音はすれども姿は見えず」
ベランダの端まで移動してみてようやく見えた。花火だ!季節外れの大玉の花火が六地蔵駅のタワーマンションの上空、それよりも遥か向こうの方に見えた。観月橋?いやもっと遠いのか?私は部屋の中に声をかけた。
「花火やってるよ」
食事中の妻と娘もベランダに出て来て、わーっと声を上げる。今日は五月三十日、花火大会のシーズンはまだまだ先のはずなのに…。私は不思議だった。一体どこでやってるのだろうか?
「樟葉かな?」
「あそこももう、終わったよ」
と妻が答えた。この醍醐付近では、一番大きいのは大津の琵琶湖花火大会。山の向こうから音だけが届いて、家から見えることはない。宇治の花火大会はベランダから見えたのだけれども、平等院が世界遺産になったことの関係などもあり数年前から開催されなくなっている。そう、ちょうど宇治の花火大会の時に見えたぐらいの大きさだ。と妻は主張した。それぐらいの距離だとしたら、あの花火はどこであげられているのだろうか…。
ちょうど琵琶湖花火大会の時のように、遠くから聞こえる例の低い音に食事中に気がついたのだ。気にはなりつつも時期のことがありベランダに出てみようとは思わなかった。だから、始まってからどれぐらいたってからなのかよくわからないのだけど、さすがに気になってベランダに出てみた。最初は見えなかった。ただいま我が団地の棟は耐震工事中でベランダ側の壁面に足場が組まれて防音シートが張られている。耐震構造は三角の形で棟の壁にへばりつくらしい。従って一階〜三階部分では東から西まで全ての部屋の外側に足場が来ているのだけれど、四階は真ん中の三部屋ぐらい、私の住む五階は真ん中の一部屋分にしか足場が無い。その防音シートに隠れて見えていなかったのだ。念のため洗濯機が置いてあるベランダの端までズレてみると、その大玉の花火が見えた。

あとから淀の競馬場で花火大会があったことを知った。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク