年に四度。

食器棚の上の天袋を開けてバリカンを取り出した。五、六年前に買った物だとおもう。その前のが潰れたのでネットで買った記憶がある。その前のも多分五、六年は働いてくれたのだったんじゃなかろうか。我が家でバリカンを使うのは私だけだ。私は三ヶ月に一回ほど頭を丸坊主にする。年四回(程度)のこのルーチンは二十二歳から始まっているからもう二十年以上の習慣ということになる。自分の髪をバリカンで刈るという作業をやったことが無い人の方が断然に多かろう。でも髪の毛の長さのグラディエーションなんかを全く度外視できる丸坊主なら自分一人で十分にできる作業だ。なれれば十分間、丁寧にしても十五分もあればできてしまう。この二十年間の浮いた散髪代と「髪型をいろいろ変える楽しみ」とは釣り合いがとれているのだろうか?無論私には選択肢が無かったのだけれど。髪の毛が無かったのだ。
コンセントに延長コードを差し、その先にバリカンのアダプターを接続する。スイッチを入れると頼りないモーター音がしてバリカンの針が細かく左右に振動しだした。私は服を脱ぎ、バリカンと、髪の毛のゴミを入れる為のコンビニのビニール袋を持って風呂場に入った。透明プラスチックのセイフティーガードを「長さ3ミリ」に調節して頭に当て頭皮にそってすべらせる。なけなしの髪の毛が収穫されていった。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク