スワンでのお芝居

スマートフォンでメールを打ち込んでいると「おや」と声がかかった。一坪シアタースワンの前。「劇場」というにはあまりに狭いこの空間で今日、そして明日と明後日まで上演されているお芝居は「チームギリギリ」による「浦野式鈍気騎士」というタイトルのお芝居だ。客席のキャパシティーは多く見積もっても15人ぐらいだろうか?今月の初めの頃、そうそうに「予約満席」と追加公演の情報が流れて来た。私はもちろん行きたい気持ちはあったのだ。しかし仕事の都合上、直前になるまで行けるかどうか分からない。「とりあえず予約入れといてキャンセルする」のは劇場のキャパシティーを考えれば、あまりにひどい。私は本日12時過ぎになってようやく、今日の14時に伺えることが確定し、電話をいれ、空席があるかどうかの確認をとって、なんとか滑り込んだというわけだった。
「開演の5分ほど前に来て下さい」
と電話で伺ったので建物の前で待っていたのだが、中から辻野さんが出ていらっしゃって「おや、立ってないで中に入ってよ」と声をかけてくださったのだった。
私はスマートフォンをしまい建物にはいった。スワンは二階建ての建物で、二階が劇場、一階が喫茶スペースになっている。一階の喫茶スペースには私と同じように、予約はできなかったけれど見に来たお客さんが何人かたまっていた。数分後、私も二階に案内され、狭い空間でお芝居を観劇した。

本当に素晴らしいお芝居だった。見られて良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク