FC2ブログ

たこ焼きと投票

今日は京都府知事選挙の投票日だ。自慢ではないが、投票日に投票所に行ったことは僕はこれまでに、多分二度ほどしかない。投票に行かなかったことももちろんあるけれども、ほとんどの場合は期日前投票で済ませてしまう。少し大袈裟な言いぶりになるかもしれないけれど、一度期日前投票を体験してしまうとわざわざ投票日に予定を空けて投票しに行くのがバカらしくなるのだ。期日前投票の期間(だいたい投票日の二週間前〜投票日前日)の「どこか暇な時にふらっと立ち寄る」ことにしている。たとえば投票日に投票所に行く予定をしていたとしても、その日たまたま用事が入ったりしないとは限らないのだし。期日前投票はいつ行っても空いている。時間帯によるけれども投票しに来ている人はまばらで、それに比べて大人数の選挙管理委員の方たちが待ち構えている。

去年Facebookで見た大学の友人の記事が心に残っている。彼と息子が二人で映っている写真がupされていた。親子は小学校の校門前で並んで笑顔で立っている。「選挙に来ました」とコメントが添えられていた。
すごくいいなあと思った。他の人がどうかは分からないのだけれども、僕は親に連れられて投票所に行った記憶があまりない。もしかしたら何度か連れていってもらっているのかもしれない(書きながらそんな気もして来た)でも少なくとも、その記憶はそれほど強く残っていない。今度からは必ず娘と一緒に行こうと思った。
そんなわけで今回は、いつも通り期日前投票だけれども、娘と連れ立っていって来た。「たこ焼きこおたる」と餌で釣るとほいほいついて来た。彼女に取って「普通の風景」「いつもの記憶」になればいいなぁと思う。「たこ焼き」と「投票」が紐づいて彼女の記憶に刷り込まれれば良いと思う。安っぽい脚本みたいだけれど。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク