スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測できない悲劇

私の好きなケーキ屋さんの話をしたいと思います。とってもおすすめです。美味しいし。値段も利口だし。ちょっと遠いんですけども、よく買いにいきます。私は酒飲みなので甘い物ほとんど食べないのですけども、ここのだけは食べたくなる。そんなケーキ屋さんの話です。

先日そのケーキ屋さんによってケーキを買いました。昨日、奈良でお邪魔して来た古事記リーディングで使う小道具(指し棒)をカフェギャラリーときじくにとりにいくことになり、その手前の時間にちょうどそのケーキ屋さんに寄れる、ということで、喜ばれること間違いないので、ときじくへのお土産として、そしてついでに我が家へのお土産としてケーキを買いました。小さいケーキをときじくに2種類×2個=4個、我が家2種類×3個=6個。
本当に美味しいのでここに行くときはいつも何個か口になります。我が家用と、差し入れ用と会社用とか。毎回それぞれ紙袋にわけてもらい、どっちがどっちかわかるように「何個入り」と付箋を貼付けてくださるんです。今回は我が家用のに「○○×3個と△△×3個」と書いた付箋をつけてもらいました。

で、ときじくによって小道具をもらい差し入れをし、家に帰って冷蔵庫に付箋のついた紙袋をいれたわけです。その夜、毎晩のことですが酔っぱらったぼくは部屋でぐでーんとなっていて、娘がデザートにケーキを食べていいか?と聞くので「もちろんお食べ」と「おかぁちゃんにも薦めてあげて」といいました。優しい娘はぐデーンとなってる僕にケーキをわけて一口くれたりして。

で、次の日の夜です。また夕食を終えて。ケーキが残ってるんじゃないの?と。食べなさいなという話になり、ところが奥さんが「私一個も食べてない」というのです。おおそうかと。娘が一人で食べたのか?欲どしいやつだなと思ってみて見ると、もう△△が2個しか冷蔵庫には残っていません。つまり○○三個と△△一個を娘が食べたことになるわけです。で、娘にちょっと他の人の分も残してあげようよ。と話をすると「私は食べてない」と。昨夜と今晩に一つずつは食べたけれどもそれ以外は知らないと。頑としてゆずりません。

じゃ、この付箋はなんだよ!
どうしてそういうすぐバレる嘘をつくんだ!
食べるのはいい。どうせ(美味しいけど)安いケーキのことだ。嘘はいかん!

とかなんとか。さんざん娘を怒って、それでも娘がゆずらないものですから

「嘘つく子は、お父ちゃんの子供じゃないからね」

ということまで言い放ち。娘もボロボロ泣いてるけど、で、結構彼女嘘つきっ子なんですけど、でもどうにも嫌な予感がして、ときじくの雪ちゃんに確認した所

「え?ウチに6個来てましたよ?」

うん。実に些細なボーンヘッドというか、たかだか「四個」と「六個」の付箋を貼り間違えることが、父娘関係に決定的な亀裂を産むことになろうなどとは、お釈迦様でもましてやケーキ屋さんにもわかるわけが無いのですが、だからこそよけいにこの私のモヤモヤしたやり場の無い感情はどうした物かと。

もちろん娘には平謝りして、許してはもらいましたけれども。

ただもう「付箋が張られてたかどうか」なんて証明のしようもないし、…いや、だからこそ余計にこの私のモヤモヤは…!!

そんなわけで、電話したんです。ケーキ屋さん。メールしようと思ったんですがあいにくメールアドレスはわからなくて。

そう、結果的に
ヤカラ(完全体)
になりました。あくまで「結果的に」ですよ。怒鳴ったりしてません。「こういうことが起こりえるので、まぁ、しゃーないですけど、今後気をつけてくださいね。僕ファンなので、また買いにいきます」ぐらいの電話でした。

でもまぁ、おすすめしたいぐらいにケーキもおいしいし、ちゃんとしたお店なので「それは娘さんに悪いことをした。お詫びのケーキを遅らせてもらっても良いか?」という、とても親切な対応をしていただいてますますファンになった、と、そう言うお話です。だって、付箋張り間違えたかどうかなんて言うたもん勝ちというか、実際そうだったかどうかわかんないのにです。

いや本当に皆さんに是非利用してもらいたいのですが、まかり間違って、僕みたいに「付箋張り間違えとるやないかい!」って(そんな事実も無いのに)ヤカる人が出ないとは言い切れないので、無念ですけどお店の名前は出せません。
また買いにいこうっと。

夏ですなー。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。