オリジナルカクテル「スサノオ」

朗読の一日

昨日は昼からI/ITの稽古。夜はゆうみさんと「古事記リーディング」のお稽古でした。どっちもしずかにでも確かに先へと伸びていく感覚があります。一人芝居の方だけが停滞中…。うーん。なんとかしなきゃなぁ。

T/ITのほうではモノクロームとのダンサーと言葉で絡む(絡まない)というような作業が現場で始まって、スリリングです。テキストが決まりきらないので、どうせ決まらんのならもっといろいろ試していっていいかなぁと逆にポジティブに(無責任に)思えるようになってきました。今度の企画で採用されなくてもなるべく長い時間ダンサーや映像とセッションをするというのは僕にとって、純粋にプラスなので。多分「今が一番自由が利いて楽しい時期」かもしれないので(変な言い方ですが)満喫しようと思っています。

古事記の方は、今回「ヤマタノオロチ」です。なんとなんとですね、この「ヤマタノオロチ(と、その前のちょろっと)」がレパートリーに入ったらば、古事記の「天地初めて開けし時」から「大国主の根の国訪問」までが繋がる!!んです。

あ。そうですね。何言ってるかわかんないっすよね。多分その「古事記」のド頭の口上みたいなのを省いた始まりから、(僕とゆうみさんがリーディンするフォーマットでやったらば2時間分ぐらい、繋がったって事なんです。

天地開闢から「天つ神」があらわれ、「国つ神」が現れ、イザナギイザナミも生まれ、国、島が産まれる。その他いろんな神様も産まれていく中、イザナミが死んでしまい黄泉の国に行く。それを追いかけてイザナギが黄泉の国へ行き、「絶対見んなよ!」って言われて、もちろん見ちゃうから、イザナミが怒って黄泉平坂まで追いかけて来たけど、大っきな石を間に置いての別離があり、その流れでイザナギがアマテラス、ツクヨミ、スサノオ、の三柱を産み、スサノオの悪さに嫌になったアマテラスが天の岩屋戸にこもったまえで、アメノウズメがストリップして盛り上がったのを「なんやいな?」と顔出してのぞいた所をアマテラスは引っ張りだされて、スサノオは追放されて、(こっから今回やるところ→)ヤマタノオロチを退治して、宮を作って、(→まで)また子供を沢山作った仲の一人の大国主命はいじめられっこなんだけど因幡の白ウサギを助けたり、殺されたり、生き返らされたり、親父のスサノオの所に行って、嫁さんもらう。


というですね。古事記の前半の有名どころというか、ハイライトといっても過言じゃないシーンの連続の部分が繋がると。
これ、僕静かに興奮しているんです(笑)
だって、ドロドロした物をかき回して「国(島々)を産んだ」ところから「黄泉平坂(イザナギがイザナミを黄泉の国に追いかけていってみるなつってんのに見て…)」「天の岩屋戸(アマテラスが洞窟にこもっちゃう)」「ヤマタノオロチ退治」「稲葉の白ウサギ」…
って、もう、なんだろう。名シーン数珠つなぎなんです。
それを僕とゆうみさんとの二人でゆるーく、リーディングしながら、お客さんは御飯食べたりお酒飲んだりって、すごい良い時間なんじゃないかと。

そうなんです。古事記は物の起源とかもおおくでてきますし、食べ物に関するエピソードも多いのです。例えば今回「ヤマタノオロチ」であればスサノオはお酒を用意させてそれをオロチに飲ませ、酔っぱらった所を斬って殺しちゃう。

と、言うわけで今回「朗読の日」では、ときじくスペシャルカクテル、その名も「スサノオ」を場内で提供する事が決まりました!!

皆さん、朗読聞いていただきながら、もしくは聞いたあとでもぜひ「スサノオ」を味わっていただければと思います。この古事記リーディングは一昨年から始めた企画ですが、改めて良い企画だと思っています。なんせ(当たり前ですが)懐が深い!カクテルも作れるし、神社でもやれるし劇場でも出来るし。料理教室と合わせたりとか、またダンサー、ミュージシャンと絡むのもできるとおもうんですよね…。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク