明日が山場です。

10月第一日曜日の本日は仕事でした。地域の運動会ですね。町内会さん、体育振興会さんからお弁当の発注をいただきます。昨日写真であげた様子見町さんからは注文無かったですね。様子見てはるんですかね。来年は是非。

いい天気で良かったです。何年か前のこの辺りで強い雨になってしまって何百食とキャンセルになった切ない記憶もあります。勿論キャンセル料金はいただきましたけども。
あっついあっついので飲んでしまいました。そんなわけで10月ここまで1日2日と二連敗でございますので、3日4日は二日連続で禁酒です。いきなり山場を迎えました。

fc2blog_20161002174641710.jpg


さてさて宣伝の方しっかりとしていかないと。
ゲストの豊島由香さんが、メンバーと馴染んできてとてもとてもいい感じです。メンバーにとっては凄くいい刺激となり、勉強させてもらってます。
考えてみりゃ豊島さんとお芝居するのも久々です。
もう本当にぶっちゃけますと、「この人とやりたい」という指針で今後は演劇活動をしていこうと思っておるわけです。
去年、肺炎で先輩俳優のKさんが一ヶ月に渡り入院され、今年はHさんです。
冗談抜きでね。本当に。やりたいと思ってる人とは早い事やっとかんとみんな死ぬなと。(笑)
勿論僕もね。
なもんで豊島さんとは又ぜひともやりたかったので、無理を言ってご協力いただいています。是非是非お越し下さいませ!


​<><><><><><><><><><>
正直者の会.lab「私と本屋の嘘」
11月12日13日
会場/アトリエ劇研

正直者の会.lab 第5回公演
『私と本屋の嘘』
嘘はやさしい。嘘はむずかしい。
・・・
私が病室のカーテンを開けると母のベッドはもぬけの殻だった。トイレにでも行ったのだろうか。枕元には一冊、赤い分厚い本が置いてある。
「…死ぬまでにあと何冊の本を読むのだろう…?」
私はその本を拾い上げて丸椅子に腰をかける。重厚なおもむきの表紙をゆっくり開く。「ギギギ…」と古い木の扉が開くような音が聞こえた。
萬丸(ヨロズマル)書店は今再び危機に瀕している。二十数年前、沈没寸前だったこの店を救ったのは書店界「伝説の男」。しかし彼はもういない。
「意地と見栄とは船の帆だ。張らなきゃ前には進まない」
後を託された書店員(クルー)たちは頭をひねる。この出版不況の嵐をなんとか「嘘」で乗り切れやしないだろうか…。
私と書店の嘘が朝顔のつるのように巻き付き合いながら上へ上へと伸びて行く。光りを求めて。
・・・
作/演出  田中遊
<公演日時>
2016年
11月
12日(土) 19:00
13日(日) 13:00 17:00 
*受付開始は開演の30分前 開場は開演の15分前です
<料金>
一般 2300円(前売り)2500円(当日)
学生 1500円(要学生証) 1800円(当日)
*全席自由。日時指定。
<会場>
アトリエ劇研
〒6060856  京都市左京区下鴨塚本町1
電話とFAX 075ー791ー1966 (月~土、9:00~17:00)
email  info@gekken.net
​<><><><><><><><><><>

ご予約承ってます。勿論。

<チケット取り扱い・ご予約>
①正直者の会.lab  カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/lieofbookstoreandme

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク