proud of

別に僕の手柄じゃないのですが「誇らしい」と思うことがあります。

二口大学さん
広田ゆうみさん
藤原大介さん

この三人のことです。私は京都で二十年強お芝居をしてきました。その間、現場も文脈も違えど、この三人もどこかで同じようにお芝居をしていた。そのことが誇らしいんです。

誰がどう思おうと僕にとっては金ぴかの三人です。お三方と共演させていただけことに感謝します。
機会を作ってくださった京都アートセンター。とりわけ空太郎に感謝です。

・・・・・・・・

昔々は「打ち上げでうまい酒飲む為に芝居してんだっ!」なんてうそぶいていたこともありました。おそろしいことに実際そうだった時期もあります。(情けない話ですが)40歳を超えてようやく、本当にようやく、舞台上でお客様の前で演技させてもらえておる時間、瞬間が、この上なく楽しく、幸せだと感じるようになりました。

最近は「僕はあと何回舞台に立てるのだろう?」と考えたりもします。

なんなんですかね…。

つまりは誇らしいのです。僕だけじゃなくて、お三方だけじゃなくて、京都周辺でお芝居を続けてきた皆さんのことが。




コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク