Rise and Fall

大阪国立国際美術館【フィオナ・タン まなざしの詩学】を見てきました。
http://www.nmao.go.jp/exhibition/

映像インスタレーションなんですけど、要するに「動画」でそれを「どういう環境で見るか(見せるか)」ということまでデザインした物ってことなので、全部見ようとするとものすごく時間がかかるんですね。でも実に実に面白かったです。映画三本分ぐらい見た気持ちになります。(もうちょっと早めに家を出てゆっくりできればよかったのだけれど)

フィオナ・タンという映像作家さんのことは、全然知らなくって、2年前に金沢に旅行に行った時立ち寄った21世紀美術館が、その時偶然彼女の展覧会だったのです。

その時に、なにはともあれ「Rise and Fall」という作品に、打ち抜かれてしまいまして。
フィオナ・タンのホームページでほんのちょっとだけ見ることができます)
縦長のスクリーンが二つ並んで立てられていて、そこに映像が映るんですけど、もう大好きなんです。(今日も二回し見てしまいました)

「あ、これは僕が戯声でやりたいことだ」とすぐに理解しました。

その作品と再会できただけでも行った甲斐がありましたし、今回始めてみた作品たちも、興味深い物たちでした。
でも本当に「Rise and Fall」は多くの人に見てもらいたいなぁ…。すばらしいんですもの。

もう終わっちゃんですけどね、22日まで。大阪お近くの方はぜひぜひ。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク