スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一旦船を降りる

.labの通し稽古でした。
正直者の会.labの今年のテーマは「一週間分、巻く」でした。(笑)
そうなんです。「ピエールとリュース」の方が今日から小屋入りで、僕は無理をいい迷惑をかけ、明日から入るわけですが、入ってしまえばもう.labのことはできません。
そうなんです。じつは「一週間前」に違う本番が入ってるのではないのです。P&Lは火曜日まであるんです。「本番の五日前」に違う本番が入っとると。正に土壇場のその時期を空けるというのは、これは相当な決断でした。
最終、背中を押してくれたのはラボメンバーです。「行って来い」と。

わからないでしょうけれど、僕のパソコンのキーボードは今涙でぬれているわけです。

ありがたいっ!
だからこそ当然ながらP&Lにもベストを尽くしたい。ならば正直者.labの仕上がりを一週間早めるしかない。

その「今年のテーマ」を共有してる人が見た今日の通しと、そんなテーマのことなんて知らない人が見た今日のとでは、随分と評価は違うかもしれません。が、テーマにメンバーと一緒に取り組んできた僕としては、ええ。

ガッツポーズです。
あと一週間ある。そう思えた通しでした。一週間前の時点でここまで「お芝居になってる」ことはこれまでの.labにはなかったことです。毎年、ホントに最後の最後。はっきり言うと最終リハーサル終わりぐらいで、「核分裂反応」ぐらいの加速度で結晶化してくんです。その様もまぁ、笑うしかないくらいに美しいのですが、「それをもっと早い時期に出来てりゃ、アレもコレももっともっと良く修正できたじゃねーか!」って苦笑いを毎年しながら…。
ね。やればできるんです。できたからこそ、ここから一週間ぼくがみっちりつけないことが、実に実に口惜しい。

うん…。そうなんです。演劇はどこまでいっても「あと一週間あれば」なんです。満足できたためしがないヤツだけがジリジリと前進して行けるのです。(翻って、でも果たして「前進」は無条件に善なのか?少なくとも「幸福」であるのか?という問いはあるにしてもです)
僕はここで一旦下船します。すくに戻ります。その間、船を頼んだぞ!って気持ちです。
でもこれは信じられますか?メンバーたちはいつの間にかもう立派な船乗りになってたんですね。
僕らは「劇団」じゃないけれど、むしろ、「劇団じゃない」からこそ、その「劇団」という外枠、フレームなしでも、くっついてける結合力を、身につけてきたんです。それは単純な握力の強さじゃない。もっともっと複雑で繊細な何かです。

期待して下さい。今年は期待して下さい。

no_key_O_0901軽

正直者の会.lab第3回公演『キーを忘れた老婦人』

正直者の会.lab三年目の今回は「キー」にまつわるファンタジー。
その中で家族の記憶をそおっと保管している一軒の家の物語です。

~はじまり~
島田は疲れていた。彼が何百回チャイムを押しても人が出てくる気配はない。肩を落として立ち去る前に彼にはやることがある。「マーキング」だ。それは訪問販売員や空き巣たちの暗号。その家の家族構成、在宅時間といった情報が玄関のドアや表札の隅にこっそりとマジックペンやひっかき傷で記されている。その家のポストにも、よく見ると壁面に「暗号」がびっしり。まるで呪文が書き込まれた宝箱のようだ。その隅っこに呪文を書き足すと深くため息をついて島田はマジックのキャップを締めた。
次の瞬間。ガタガタッと音をたててポストが大きく震え始める。耳をつんざく轟音に続いて家自体が激しく黄金に輝きだして彼は眩しさに目を覆い腰を抜かしてその場にしゃがみ込んだ…

再び目を開けた時、光りは収まっていて、そして玄関のドアが半分開いていた。
「何やってるの、そんな所で?」
ドアから体を出した老婦人が尋ねる。彼は言葉が出て来ない。
「入って早く」
そう言うと彼女はドアの向こうに姿を消す。招かれるまま彼は家の中へと入っていく…


< キャスト>
板倉真弓 渋谷善史 下野優希 西村麻生 のりす 治田絵里子

<公演日時>
2014年
11月
23日(日) 19:00
24日(月祝) 13:00 17:00
*受付開始は開演の30分前 開場は開演の15分前です

<料金>
一般 2300円(前売り)2500円(当日)
学生 1500円(要学生証) 1800円(当日)
*全席自由。日時指定。

<チケット取り扱い・ご予約>
1)シバイエンジン ⇒ https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=f0679f0346&s=&PHPSESSID=363b3e0c850e1b2f07823defd8fb82d9
2)email  syoujikimononokai.lab@gmail.com
3)電話 09097138150( いたくら)

4)アトリエ劇研
〒6060856  京都市左京区下鴨塚本町1
電話とFAX 075ー791ー1966(9:00~17:00)
email  info@gekken.net

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。