二週間、劇研通い。

さて、いよいよ来週の月曜日からピエールとリュースが小屋入りいたします。そこから二週間ほぼほぼ毎日劇研に通うことになるわけです。

もう一度情報を整理いたしますと、

その1)
『ピエールとリュース』

アトリエ劇研では11月に、開館30周年を記念し、アトリエ劇研の館長である波多野先生がかつて翻訳された戦時中の恋愛小説を、劇研のディレクターに就任したあごうさとしさんの演出で上演いたします。

2014年11月13日~18日
13日(木)  19:30
14日(金)  14:00 / 19:30 
15日(土)  14:00 / 19:30
16日(日)  14:00
17日(月)  14:00 / 19:30
18日(火)  14:00

料金 一般 2,000円  学生 1,300円(前売、当日共)

チケット
https://ticket.corich.jp/apply/58913/

原作 ロマン・ロラン
翻訳・脚色 波多野茂彌、小島達雄
演出 あごうさとし

出演
八木光太郎/柳沢友里亜
田中遊/ヒデユキ・スコブルスキー平岡

HP
http://gekken.net/atelier/pg782.html


その2)
正直者の会.lab第3回公演『キーを忘れた老婦人』

正直者の会.lab三年目の今回は「キー」にまつわるファンタジー。
その中で家族の記憶をそおっと保管している一軒の家の物語です。

< キャスト>
板倉真弓 渋谷善史 下野優希 西村麻生 のりす 治田絵里子

<公演日時>
2014年
11月
23日(日) 19:00
24日(月祝) 13:00 17:00
*受付開始は開演の30分前 開場は開演の15分前です

<料金>
一般 2300円(前売り)2500円(当日)
学生 1500円(要学生証) 1800円(当日)
*全席自由。日時指定。

<チケット取り扱い・ご予約>
1)シバイエンジン ⇒ https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=f0679f0346&s=&PHPSESSID=363b3e0c850e1b2f07823defd8fb82d9
2)email  syoujikimononokai.lab@gmail.com
3)電話 09097138150( いたくら)

4)アトリエ劇研
〒6060856  京都市左京区下鴨塚本町1
電話とFAX 075ー791ー1966(9:00~17:00)
email  info@gekken.net

です。
どちらの稽古も佳境、土壇場に入っておりまして、火の海と剣の山とを往復するような毎日です。
今日はラボの方の稽古。この前の通しで、どうにもうまく回らなかった所に手を入れて行く。何かが歯車に詰まってうまく回っていないような印象。おそらく「仕組みを入れ替える」というよりも「油を注す」ようなことが必要で、今回のお芝居もそれはやっぱり「その世界のより詳細なイメージ」「その役のよりきめ細かい心境、感覚」とかなんです。

本当にむずかしいことをやっていて、まぁそれはそれが面白いと思ってるから仕方ないのですが、どうしても「普通にお芝居するのに必要なこと」が、すっ飛んだりするのです。「語り手」になったかと思うと「おばあさん」役になり、そのお婆さん役が二人になったり、その相手役になったりするもんですから、今自分がどこに体をおいてどんなものが見えて、どう感じてるのか?ということをきちんと整理できないままやると、もうわけがわからなくなるんですね。

今回は「メインの役」をみんながリレーするような形で物語が進行して行きます。そうすると、自分が演じなかった前のシーンの「そのメインの役」の感覚を引き継いで、というようなことをしなくてはならない。

まだまだ一人一人が拡張していかないと、到底追っつかない。でもそれが面白いと思ったはずなので、その「面白かった体感」の所まで持って行くしかないんですね。まだこちらは時間があります。ググッと競り上がってゆきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク