俺の名前はMCFJ

MCFJ

パックさんですね。ええ。ワークショップに行く小中高校、および田中家においても「パック」さんです。
の、去年末のお宝動画をですね、この時期に放出するのには訳がありまして、

今月
2月22日20時
より。京都俳優ラップの会を開催するわけです。
そして別に「俳優じゃなくていいよ」っていうね。なんならこの会のボスの池浦さだ夢は俳優じゃなくてダンサーだって言うね。
それぐらいのグズーっとした感じで、でもなにしろキックオフしたいっ!ということで、イベントをします。皆様ふるってご参加を!詳細は明日か明後日にまたupします。なんせそれにむけての景気づけといいますか、「着火」としてですね、昨年末のアバンギルド、竹ち代兄さん主催の年忘れイベント(現場でご覧になった方は「あぁ!!!!、あの!!」って、もう、クビがもげる程うなずいてらっしゃると思いますが)でのMCFJのパフォーマンスをご覧いただこうと、ええ。

先ずもってですね、ええ。いろいろおかしいのです。そのいろいろおかしいのを全部説明するのも野暮なので、もう投げっ放そうかとも思ったのですが、多少キャプションを加えさせて下さい。

1)「年忘れ、紅白ダンス歌合戦」というイベント内の出来事です。これはダンサー竹ち代毬也さん主催の企画です。京都俳優ラップの会から、僕とダンチョも参加しました。ダンチョはダンス、僕はソロパフォーマンス(一人芝居ってかポエトリーリーディングってか、ラップっぽくもあるなんかそんな感じのものでした。ちなみに今年やるの「田中遊、一人芝居」というのはそういう感じにしようともくろんでいます)プラス、「僕と団長が竹ち代さんが叩くドラムに会わせて即興でラップをする」というコーナーもあり、動画は時間としてその後の事です。

2)カラオケコーナーというものがありました。これは「『新世界ゴールデンファイナンス(金粉ダンスショーユニット)』の金粉を体に塗る時間も板に乗せてしまう」というアイデアです。カラオケの音源と映像を映して、観客に飛び入りで歌ってもらう→そのバックダンサーを新世界ゴールデンファイナンスが勤めます(って、実際は金粉塗ってるんだけどね)というネタ。

3)MCFJは純粋にお客さんでした(笑)ここ、強調しておきます。彼はワンドリンク込みのお金を払って入場しております。そして動画の中で手に持っている瓶はおそらく「ワン」どころじゃなく「サード」ぐらいのボトルなわけです。

4)MCFJは、まず定石として僕たち(ダンチョと田中遊)がやった即興ラップを『DISる」事からはいります。基本に忠実です。僕たちを「50%のラップ」とこき下ろした後、「俺が120%のラップを見せてやる!(聞かせてやる」じゃねーの?)とあおります。そしてその後……

5)ダンチョに「ジャパニーズhiphopの歴史のターニングポイントになるかもしれない」と言わしめた、発言がMCFJから飛び出します。

「小節の頭を教えて下さいっ!」

うん。壮絶です。コペルニクス的転換というんでしょうか。
「すごい」と言ってもいいし、「ひどい」といってもいい。
ネタなのかマジなのか微妙なのを僕はわかってるので余計に面白いのですが、Fさんは、ちょっち、リズム感とか音感とか優れてはいない人なんですね。
でもですね、何がすごいかって……

ダンチョ/いや、それを逆手に取って、オーディエンスを一つにまとめあげるって言う、あの手法は、本当にひっくり返しますよこれまでの歴史を!


なんですね。うーん。奥がふかい。
でも確かに客席が一体になってるっ!ってのをご覧ください(笑)

6)以降もう数え上げるとキリが無いので箇条書きで
・「この面倒を誰が見てくれる?」→「みんな面倒見てくれよ」という投げっぱなし感がたまらない
・「俺の鼓動は孤独だぜ」の辺りで、fさんが「心底心細いのだ」ということが丸ごと伝わってくる。
・後ろで金粉塗ってるカオス(いや、まぁそういう時間なんだけど)
・「何を言っているのか、それは誰にもわからない」というラジカルさ。
・金色の人達っ!普通にスタンバイwww
圧巻の「ケンっ!…メン、ドウ、yeah!!」締め

お宝動画(笑)↓
http://www.youtube.com/watch?v=uH6z5Bjp9Cg

もしもですよ。
この動画をみてクスリとでも笑った人。そうあなたですね。
2月22日、僕らとカラオケに行きましょう。いや、行く責任があります。ビート(拍子)に追っかけられてその中で即興で言葉を紡いで行く事が、どんだけ難しいことか、そしてどんだけ面白くって、また滑稽な事か。
あなたには是非知ってもらいたいのです。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク