衣替え

目覚ましのアラームの一発目は5時20分です。。
二発目がその10分後、5時30分。
そして最後の三発目が5時45分。
しこたま飲んだりだとか、疲れまくってたりだとか、相当遅くまで仕事をしているときなどは、更に4発目のアラームを5時55分にセットすることにしている。しかしこれは「ことにしている」だけで「しこたま飲んだ」り「疲れまくってる」時には大抵セットするのを忘れてしまう。本番前だとか、台本書いてる真っ最中とか「しんどい」のが時期としてまとまってくる時にはもうセットしっぱなしにしておくのですけど。

これをちょっと説明すると、僕の出勤時刻が6時半なのです。つまり、原付に乗って会社に着き着替えてタイムカードを押すのがこの時刻。
四発目の5時55分に家を出てそのドアを閉めますと、実に余裕を持って出勤することができるのです。それが6時5分になりますと、階段を駆け下り、原付を飛ばし、大慌てで着替えてなんとかかんとか滑り込めるというぐらいです。
だから55分に目を覚ましてると実に大変な思いをするわけです。が、もう何もかんもうっちゃって「布団からおきて、とりあえず着替えて、水を飲んで出かける」までの所要時間が10分間なのです。私。
ので、「もう大変焦る思いをしてでもギリギリのギリギリまで眠れる」最後の最後が55分。これがレベル5です。これはもう異常事態なわけです。何せワントラブルで遅刻ですから。
ワントラブルまで許容される「平常時」のギリギリが45分起床。起きてからあわてて家を出てしまえば、まぁ大抵のことがあっても間に合う。
5時30分に起きられたらばですよ。これはまぁ多少「人間らしい」朝を過ごせます。顔を洗って歯を磨いてお茶湧かす時間は無くても水を一杯飲んでトイレで少しこもる時間はある。

では一発目の5時20分とは一体何なのか?
これはですね。仮想「自転車出勤」の起床時間なのです。自転車で通勤しようと思った場合、やはり5時50分には出ないとまずいんです。今までに数回自転車で通勤してみたのですが、30分はやっぱりかかるので。ではその三十分前ってことで20分なんですね。

今、10月ですが、もう真っ暗です。5時20分って(笑)
まったく起きる気がしません。ここんとこずっと45分おきです。
これからもっと寒く暗い朝になっていくのですね……。
サマータイムを導入するよりもウィンタータイムを導入して、つまり時間を一時間遅めてくれやしないだろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク