95.7%のトリック。

何の数字だと思います?

「スヴェンソン式増毛法のお客様継続率なんですねっ!」って松木安太郎の声がですね。うっとうしいわけです(笑)
テレビは年間10時間も見ないのですが、ラジオは一日5時間はゆうに聞いておるのですね(車の中で)。でラジオにももちろんCMというものがあって、まぁその中松木さんがですねおっしゃってるわけです。

「95,7%。これは何の数字だと思います!?スヴェンソン式増毛法のお客様継続率なんですねっ!本当に良いものはお客様に認められるってことをこの数字が証明しています」

いや、ちょっと待てと。そこにはトリックがあるんじゃないか?と。
「『継続しない』という選択の非常に取りにくい商品である」ことを含めて考えてごらんなさいな。
「もうヤンペ」ってなってもですよ、一度増えた髪の毛をですね、減らしてくってこれかなりしんどいですよ。
他社のに乗り換えっていっても、なんかやっぱ「髪質」的な?フィーリングは変わるんでしょうし。なんせ世の中松木さんみたいにカミングアウト前提で植毛する人ばかりじゃないわけでしょ?(植毛じゃないのか?ちらっと調べてみようとも思わないぐらい興味が無い(笑)なんせ20台前半からの付き合いの薄毛ですんで。)

つまり一度やり始めると継続する惰性がかなり強い商品な訳で、そんな商品の95.7%の継続率をですね、そのまま「商品の品質の良さ」とは直結できるものか? と、ええ。

いつかつぶやきましたが、もう一度懺悔しますね。僕、タバコやめたら髪の毛増えるかな?ってちょっと期待してました。ごめんなさい(笑)

・・・・・・・

「どうでもよい話」を書いてみたくなるときもあるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク