小屋入りさせていただきました

そうなんです。ありがたいことに今日から会場の西陣ファクトリーガーデンをお借りいたしまして、鋭意創作中です。会場に入っての吹っ切れ方がやっぱりインプロの人だなぁと感心するぐらい木村さんはノリノリで、頼りにしていこうと。本当に思った次第です。

何とかラジカセがらみの所のメドがたったので、随分と僕自身としてはほっとしていたりします。もちろんここからなんですけれども。

「戯声」ってなにかというと、つまりは「声をつかったセッション」なわけです。声は呼吸とすごく関係しています、(というか、呼吸の一形態です)呼吸は、感情や運動にとっても関係しています。
本番の時に、より自由で開かれている状態である為に、今日明日はちょっと「我慢」の時かもしれません。楽しくなるまでやるか、楽しめるようにやるか、どちらかしかないのですしね。

何を書いているかわからないですね。すいません。僕にもわかっていません。
とにかく、「西陣ファクトリーガーデンの中で声を出す」ということは僕にとってちょっと特別な、すごく嬉しくて楽しい事だという事です。

あーーーー。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク