来週末です!

センセとお稽古。

いやー。笑ったなー。わろてる場合じゃもちろんないのですが・・・

目鼻はついたか?と言った感じですが、何しろ即興ですから、どうなるかなんてわかんないのです。
一応のフォーマットが大体固まりました。あとは長さと、どれぐらいのテンポのトラックを使うのかと。って、それも相当重要な問題ですが(苦笑)

とにかくやっている当人たちの楽しさだけは、すごいです。これを人前でやると考えると、相当ケツが痺れますが。

本番がもう来週末ですが、あんまりこぢんまり考えずに、声と言葉を何度も合わせられると良いなと思います。何かもっと面白いこともできるだろうし、男肉du soleilでの、僕ら二人のベストと、正直者の会でのベストも違うだろうとも想像したり。

とにかくもっと自由に言葉を綴って行きたいなあ。リズムに乗せて。

・・・・・・・・・

もう何年も前に、岡嶋秀昭さんや藤原大介さん二口大学さんに、「君も落語やってみたまえよ」って誘ってもらった時には「嫌です。無理です」と断ったのです。
理由は「難しいから」です。落語が成立して機能する為の技術を思い、腰が引けました。格好をつけたいし、恥をかきたくない。しかし「田中遊が落語をしない」ことによって保全されたことなんて何にもありません。俳優としての評価もステイタスも。もとよりないのですし。無くしたものが「プライド」だとかいうならば、何と安いプライドなのでしょう。飲み会の機会を失ったぐらいです。

今回(と言っても話の初めは一年以上前)サダムちゃんから「ラップどうすか?」って話があって、ぽんっと乗って行けた自分をおもうと、

「ああ。人間というものは、少しずつでも、歳をとって行くに連れて成長するものだなあ」と。

難しいのは、おもろいっす。ええ。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク