ggと一言に言っても、その中にはいろいろなg(グレード)がありまして・・・
勿論当社比です。

g5
寝てようが起きてようが、力入れてようが抜いてようが、何しろ痛い。なんかの拍子にもれなく痛い。生きていく事に困難を感じる。

g4
「コツ」を掴むとなんとか立ち上がる事も歩く事もできる。でもその「コツ」もしばしば裏切られる。くしゃみ、咳で痛む。ので、くしゃみ、咳が「今から出るぞ」という自覚症状がそのくしゃみ咳の1秒程前に訪れた時にたまらなく切なくなる。

g3
くしゃみ咳では痛みが出なくなる。やっと世界に認められた気になる。特定の角度で特定の力が加わると必ず痛む。もちろん「予想外」の時にも痛みは訪れる。

g2
特定の角度、特定の力であっても、日によって痛んだり痛まなかったりする。披露の蓄積や睡眠不足や、酔っぱらって布団の上で寝なかったりとかが影響する。

g1
腰の痛み(使い過ぎではない、突発的なビキって言う痛み)はない。が、「今度はいつ訪れるのかしら・・・?」という恐怖感が頭から離れない。


まぁ軽く5段階にわけてみました。
実はg5になったときってのは人生で初めてggをやった二十代中盤ぐらいの一回だけだったように思います。
腰が抜けるっていうか、お尻から膝にかけて「力の入れ方を思い出せない」ような感じになって本当に立っていられなかったのを覚えてます。

しかし、時間は流れ「ggとのつき合い方」みたいなものを体得すると、「立ってられない」ほどの経験はしなくなります。なれるんですね。その反面、g4ぐらいなら、まぁつき合ってくか?ってなノリでつき合えてしまって結果ただいまg4です。

秘密兵器紹介↓

th_IMG_0631.jpg


th_IMG_0632.jpg


なんか売価が「ウン万円」のものだそうです。(うさんくせー)
が、これがね。あったかい。遠赤外線なんだそうです。いやー、さすが高いだけはあるなぁ(勿論貰い物)と思っていたのですが、よく考えたらば、分厚いサポーターを腹に撒いてるわけです。腹巻きしてるのと同じですからそりゃ普通に温かいよねって・・・。

いや。もうね。
「信じるものが救われる」ってんなら信じますし、悪魔に魂を売れば腰が治るってんなら、売りますよ。
でも
「さぁて。オマエのその魂をよこしな?そうすりゃ、そのggを直すなんてちょちょいのちょいだぜ?ヒッヒッッヒ」
とか言う悪魔様をそうそうお目掛けしないんですよね・・・。

おらんかな?ホンマに。私の魂なんてノシをつけてお譲りするんですが・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク