KEXについての提案

仕事終わりでアートセンターへ。
京都エクスペリメントのチケットを買ってきました。うーん。楽しみ・・・。

僕は昼間は車に乗る仕事をしています。(結構長くやっているので)日によって行くコース、方面が違うのですが、何が嬉しいかって、右京区でも西京区でも左京区でも伏見区でも、(他のどの区でも)kexのポスターがね、貼ってあるんですよね掲示板に。勿論僕の住む市営住宅醍醐南7棟の掲示板にも。

なんか、うれしい。

で、そう考えた時に、ふと、
「あ、マスコットキャラクターって、やっぱりなんか力が有るのだなぁ」ということを思いました。

もう30年近く前の京都国体のキャラクターをね。覚えてるんです。
で、多分その頃から京都にいる人って、きっと覚えてるんです。


miraikun.jpg

みらい君ですね。

近年(でもないな、ずいぶんになるが)ゆるキャラというようなものがフューチャーされるわけだけれども、何かしらイベントにはシンボルが必要で、そのシンボルはただのマークであるよりも、あるキャラクターであったほうが圧倒的に記憶に残る。今年が終わり、又来年も北区にも東山区にもkexのポスターが貼られるだろう!(それはなんてすばらしいことか)で、その時に、あの三つの丸がくっ付いたようなマークを見て
「あぁ、今年もまた(なんかようわからん事を)やってはるんやなぁ・・・」
と思ってくれる京都市民が何人いるだろうか?ということを考えるのだ。
kyoto experiment
というアルファベットで「あぁ、これこれ」と「毎年やってるやつね」と。思ってくれる一般の(つまり演劇に関わりのない人たち)は、まぁ皆無だろう。マークならまだあり得るんだけど、でもやっぱり・・・・
と、ここまで来て私が提案したいのは、

KEXにもマスコットキャラクター
を!


だ。
「どっかで見た事有るよな?あれ?なんだったけ?去年もみたけど・・・」ぐらいでいいのである。それぐらいフックしてくれれば充分だ。繰り返しだが、現状あのマークやタイトルで「毎年やってるやつね」とは極めてなりにくいと思う。

公募にするだとか、デザイナーにオファーを出してコンペするだとかもろもろコストがかかるのも確かだろう。が、心配には及ばない。遠慮も要らない。そしてお金も要らないよ。




kex.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク