光源は見てはならない。

正直者の会.labの稽古。
徐々に徐々に段取りを付けて行く。自主練習も動き始めているようなので、いろいろと課題、宿題を出していこう。そうすると又グンと加速してくるしね。

ほんとうに、そろそろ加速して行かないと、という時期に来ました。僕自身ももう一度今回の世界をぐっと掴み直さないといけません。
今回は、照明家のお話なんです。世界を照らす照明家のお話。

その照明家に、ヒカリを当てなくてはならない(つまりお話の主人公ですので)のですが、その光源がナニモノか?ということがちょっとあやふやになっていて語り口や見せ方が、うまくハマって行ってくれてない現状なのです。もうここに関しては完全に僕の仕事なので、もうちょっと稽古が進んでから、ざっくり台本の手直しをせねば並んだろうな、と思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク