やばい。やばいぞ。

ラボの方の台本も考えていかないと行けないのです。
去年までははっきりと「ストーリーがあるもの」「わかりの良いもの」というオーダーが劇研サイドあったんですが、勿論今年あからはありません。
でも、そういう「わかりやすさ」という枷があったから良いものができたという実感があるので、今年もなんとか「ストーリーのあるモノ」を考えようと思っているのです。どんな話しにしましょうかねぇ・・・。

ハッピーエンドがいいです。というかそれぐらいざっくりした感じで筋があって、それをどう舞台上に上げるかという所で遊べれば多分バランスがいいのです。経験上。

正直者本体の方はもう、わかんな過ぎてダメです(笑)嘘。ダメじゃないですが、ええ。

「電話ボックス」なんですよね・・・。今気になってるのが。「電話箱」です。
デンワバコ
若い人って、もう電話ボックスから電話かけた経験がない人っているんでしょうねぇ・・・。
駅に置いてあるやつとかじゃなくて、あの箱に入ってね。電話するのって、なんか良かったなぁって。映画のマトリックスみたいな使われ方、空想を良く子供の頃やってたなあ。実際そういうなんていうの、遊びというかママゴトと言うかやったなあ。

何かと言うとあぁ言う閉鎖空間が「ロケット、宇宙船」だとか「基地」だとかになったよな。
・・・というようなことは正直者本体でガッツリやるとして。

うん。ラボの方だ。主役をどうしよう?前が女性だったし、男にしてみるか?

とかそんなレベルです。うーん・・・まずい・・・


うーん・・・
今日明日でメド付けるぜ!うん。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク