チャリンコ欲

唐突に「自転車の人」になろうかと思っている。
実は一年程前にもそういう盛り上がりがあった。自分の中でね。もうすっと消えていったブームだったのだが。

先日原付でまたおまわりさんに捕まったのだ。免停になっているのならそろそろ通知が来てもいい頃で、まぁあれは「お!助かった』と思った頃にやってくるという極めてたちの悪い奴なので後一週間位は油断はできないのである。油断して「オー助かった!」と思ったときに「ハイ免停」と食らうダメージよりも、「あぁダメかもな・・・」と思ってたほうがね。傷が浅いから。ココロの。

いやなにせ、今回幸いにしてセーフだったとしてもだ。確実に次の違反で間違いなく免停だ。
昼間は車に乗る仕事なので、講習には必ず行かなくてはならない。ご存知の方がほとんどだろうが、免許停止になっても講習を受けることによってその期間を30日短縮することができる。短期免停(30日)、中期免停(60日)、長期免停(90日)といろいろ種類があるが、僕が捕まるような軽微な奴(30キロオーバーとか、酒気帯びとかじゃ無いからね)は反則点も少ないのでまずこの短期30日の免停になる。なので免停講習を受けにいくと、その当日だけ、つまり実質一日車に乗れないだけで復活出来るのだ。

とはいえ「講習料金」というものを払わなくてはならない。し、丸一日それで潰れてしまう。
丸一日潰れるという損害は計算しないまでも、講習料と、そもそも違反の反則金で2万程か?
つまり一年以内に捕まると2万円なのだ。
次の僕の(一年以内)の「一旦停止無視」とか「駐車違反」とかは、二万円なのである。

そう考えるとね。ちょっといいチャリンコ買ってもいいかと。
天気と体調のいい日はチャリ移動。なんてスポーティー。ガソリン代タクシー代も少し浮くか・・・。とか。

まぁしかし、市内から醍醐に戻るのにはどうやっても(小さな)山一つ超えねばならん。それが超えられるかどうかだな・・・。

注)醍醐は「京都市内」です。京都市伏見区醍醐です。ではありますが、盆地の中のことを醍醐に住む人間は羨望の意を込めて「市内」と呼びます。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク