ラボ公演「白(地図ー旗)無事終了いたしました。ありがとうございました。

おかげさまをもちまして、
劇研アクターズラボ+正直者の会 鉄人漁船第三回公演「白(地図ー旗)」(長げーよ)
無事終了致しました。
本当にたくさんのお客様に見守られながら、なんのなんのの、堂々完走であります。見に来ていただいたお客様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

パンフレットのご挨拶分にも書きましたが、
これまでの三年とその前の半年×2も含めた時間を、沢山の人に支えられて、今回の公演があった事はいうまでもありません。計四年間の人も、三年間の人も、一年の人も。仕込みを手伝いに来てくれた方や、当日受け付けのお手伝いにお手伝い関わってもらった全ての人に。
改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
npo劇研と、杉山準さんにはまた格別の感謝をせねばなりません。お世話になりました。ありがとうございました。


で。
良い舞台を見せてくれたラボ生たちには、拍手を送りたいと思います。パチパチパチ。
本当なら昨日のうちにこの記事も書いて、皆さんにもそれぞれメールさし上げあげねばと思ってたのですが、いやー・・・。ダメですね。年取ると涙腺が緩むというのは本当で・・・

昨日のうちは、もう一日中めそめそ泣いていました(笑)
誰かへのメールや、ブログの記事を書こうとして、何か書き始めると、もうダメで。
今日から配送の方の仕事復帰だったのですが、車の運転ってのも、車内で一人になりますから、不意に「うぅ・・・」って(笑)

こんなにもラボに依存しておったのだなぁと。僕は。
それにしても素敵な舞台でしたね。ありがとうございます。
勿論僕には計四年のフィルターがかかってるもんだからとても冷静には見られないわけだけれど(笑)
初日のオープニングから既に客席で涙ぐんでたわけだけだからして、その評価はまぁ当てになるものではなかろうとは思います。

でも見に来てくれた、僕が信頼する人たちが、「みんな良い顔をしていた」という感想をくれて、僕もそう思うので。本当に幸せな時間を過ごさせてもらったと思っています。

本当におつかれさまでした。ありがとうございました。




そしていつまでもめそめそしているわけにもいきませんから、前を向いて行こうと。
重要なことは僕が今回の公演を「素敵だった」と感じている事。しかもこれまでの正直者の会の中で多分一番素敵だったと、(これは、イロイロ悔しい思いが在るのだがね。なんか複雑)思っている事。です。
僕が見たいと思っている景色を、今回のレベルで体現出来る人たちは、世界中で今回の10人しかいなくって、それを失ってしまう事がとてもとてもさびしい。
もう一つは「あんな良い顔をした人たち」とわかれてしまうのはいやだ。その人の周りに「良い顔した人間が沢山居る」ことが(大きく言えば)多分人生の一つの価値だろうと思うから。僕だけじゃなくて、僕と芝居を通して関わってくれた人が「良い顔」でいれるような場所が確かにあったのなら、そこには「僕が演劇をやる意味」も確かにあったのだろう。と思うのですよね。

はい。今又泣いてます(笑)想像してお楽しみください。くっそー・・・

で「前向き」というのは、なんとか今回の座組みを続けて行けるような方法を考えて行こうと思っているという事です。
これまで「劇研アクターズラボ」という大きく強固な枠、外郭に守られて、なんとか活動して来れました。その殻無しには言わずもがな続けては来られなかった。その枠がなくなったあとで、僕たちがどういう風に集えるのか?振る舞えるのか?
わかんないですけどね。でも考えるだけでも考えたい。それ位に、僕にとってかけがえの無いメンバーです。

可能なのかはまだ全然わかりませんが、ひょっとしたらまた今回のこのメンバーで、それに近い形での公演で、皆さんにお会い出来るかもしれません。そう出来るように考えて行きたいと思っています。
その時は是非、又見に来てやってください。

ひとまずは区切りです。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク