FC2ブログ

新音頭『告白』 について

3月17日に芸術センターで行われる音楽のイベントに出演します。町田康さんの「告白」という小説を出発点に作ってる最中の作品です。チラシに掲載されれいる増田さん(作曲家)の文章が素敵なので転載します。ついでに私のも。

 文字のない時代、言葉とは声だった。
文字が発明されると言葉は、
声を介さずかたちに宿るようになった。
活字・活版印刷が発明されると声はインクの滲みとなり、
いまではさまざまなディスプレイで発光しながら消えていく。
声はいま、どこに在るのだろう。
声 を 記 す 。
文 字 を 声 へ と 還 す。
そ れ を 絶 え 間 な く 繰 り 返 す。
あいだにはノイズがある。
明快な因果のために
それを整理してしまうのではなく、
目と耳、口と手を使って拾い上げていく。
町田康『告白』は河内音頭定番の「河内十人斬り」を題材としている。
『告白』の中で音楽(と、語り物としての声)は文字に定着した。
ここでは物語ることからすこし離れ、新しい「音頭」として
『 告 白 』 を ふ た た び 音 へ と 還 す。

(増田真結)


閉めたはずの蛇口の先についた水滴がじわじわと大きくなってやがてシンクにコッと落ちる。これを私は「演劇だ」と感じる。増田さんは多分「音楽だ」と感じるだろう。演劇と音楽の境界を探すのは無意味だ。私にとって世界は演劇だし、増田さんはあらゆる事象を音楽としても解釈できるのだろう、知らんけど。ほらこうやって文章最後に「知らんけど」を付けると不誠実な奴めと思われるけどそれは逆。これが肝。互いがそれぞれの「知ってる」部分を担当する分業でしかない「コラボレーション」は基本的に退屈だ。しゃにむにパラレルで進行しても情報過多でしんどい。そうはしたくなかった。だから今回我々は誠実に双方「知らんけど」な領域に足を踏み入れました。真っ暗。私が杖を持ち、増田さんが懐中電灯で先を照らし、身を寄せてそろりそろり歩いていく。何が出るか?
(田中遊)

ぜひご覧くださいませ。詳細、チケットご予約は→芸術センターのサイトからどうぞ。
twitter
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
リンク