FC2ブログ

騒動1

八年ぶりに新調したノートパソコンの打鍵音はまるでカスタネットみたいにうるさかった。おかげで寝付きの悪い妻の睡眠環境は更に悪化し、妻の睡眠環境の悪化は、夫婦仲を悪化させ、夫婦仲の悪化は更に夫をパソコン仕事へと向かわせるという絵に描いたような悪循環に我が家は陥りかけている。そんな罪作りなノートブックを駆使して昨夜も私はなんだかんだと作業を進めていた。本当に集中すると自分自身はその「パタパタ」という打鍵音は気にならなくなる。だから余計にタチが悪いのだ。おそらく私は盛大「パタパタ」という音を立てながら作業をしてたことだろう。ようやくその文章を書き終えホッと一息ついた。どのぐらいの時間だろう?1時間かそこらぐらいだろうか?体感では1時間ぐらいかそこらか、と感じたが、実際にどれぐらいの時間なのかわからなかった。時計を見ると十一時前だった。ただ何時何分からその「集中モード」に入ったのかがわからないので結局のところどのぐらいの時間作業をしていたのかはわからなかった。確かこの文章を書き始める前に娘がお風呂に入っていたよな、と私はなぜかそのことだけを思い出した。私が作業している部屋とカーテン一枚隔てた隣の部屋では私の妻が寝ていて、おそらくそこで風呂から上がった娘も寝ているはずだった。だってもう1時間以上も前のことなのだから。彼女が風呂に入っているときには聞こえてくる鼻歌やシャワーの音も聞こえてこない。僕が集中してたものだから娘が風呂から上がってきたことに気がつかなかったのだろう。私は、このまま寝てしまうべきか、もう一つだけ作業を終わらせるべきか悩みながら、ともかく台所に行って水をいっぱい飲もうと思った。台所に行くためには妻と娘が寝ているもう一つの部屋を横切らなくてはならない。カーテンを少しだけ開けると布団にくるまっている妻の姿が見えた。が、娘の姿は見えなかった。

twitter
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク