正直者の会.lab[日本難民]本番一週間前です。

来週の土曜日から本番です。たった二日ですが濃い二日になるはずです。又ご予約いただけます。是非是非お越し下さいませ。
今回の公演についてとあるところから取材をいただきメールにてお返事しました。そちらちょっと付け加えてここにもあげます。

ビラ表


「アトリエ劇研がなくなって…」
正直者の会.labは、元々は「劇研アクターズラボ」という劇研が主催していた「毎年、出演者を募集して演劇公演を作る」という企画が前身です。田中遊がその企画の脚本、演出を担当した三年間が終わり「それでも又続けたい」という人たちと一緒にこの座組が始まりました。その六回目、アクターズラボ時代を含めると過去八年八回の公演を上演させてもらったアトリエ劇研が無くなるということは、私たちにとって「帰る場所を失う」ということでした。その喪失感や心細さを何倍も何十倍も拡大、延長した先に「難民」があるのだろうと思っています。この芝居で私たち(正直者の会.lab)の事を語ろうと思っているわけではありませんし、また私たちに難民となってしまった人たちの何かがわかるなどというつもりもありません。しかし劇研で生まれ、劇研に育ててもらった私たちが、劇研ではない場所で「日本難民」という公演を打たせてもらえるということはある意味で、アトリエ劇研への恩返し、追悼になるのではないかと思っています。

「強調したい点」
あまりに当たり前に存在するので「それが無くなるなんて想像もしないもの」。例えばそれは家族や、自分の健康や、自然、日々の生活。そして国もそういう物だろうと思います。しかし私たちが当たり前に思っているこの日本と言う国も、大政奉還から数えても、たかだか150年の歴史。この先、いつ、どんなふうにそれが変わったとしても不思議ではない。未来永劫「変わらない」という方が不自然です。言わずもがなどんなものにも終わりがある。日本という国にもいつか終わりはくる。地球という星もそうで、でも僕たちはいつかくる「地球の終わり方」をうまく想像できない。同じように「日本の終わり方」もうまく想像ができない。でも一つ言えることは日本が終わったあとも、私たち(の子孫たち)は生きていくだろうということです。国という枠組みが無くなっても、そこに実在していた人々全員が一緒に消え去るわけじゃない。生き延びたその人たちはもう「日本人」ではない(日本が無いから)けれど、今の私たちと同じように、寝て起きて、食べて働いて、時には笑って歌って、そして泣くのだろう。
「難民」は世界で実際に起きている現象ですが、今の日本にいて「難民」に思いを寄せることは、それほど簡単なことではない。昨今、「そうだ難民しよう」「武装難民」などという言葉が表舞台に出てきました。それほどに、私たちにとって難民は「自分の身には起こらない、他人のこと」なのでしょう。このお芝居で「難民問題」について啓蒙できるとも、しなければとも思っていません。しかし「難民を他人事だと思っている私たち」について「それが何故なのか?」について、このお芝居を通して少しでも意識が向いてもらえれば、それは一つの大きな成果ではないかと思っています。



明日からルドルフに出演します

明日からです。はい。

ルドルフvol.5
『まつろはぬものの記-探訪 宇治拾遺物語-』
情報!→http://rudolf.kyoto.jp/stage/vol5/

お昼と夜とで演目が違います。お寺の本堂の奥にある別棟をお借りしての公演ですのでお庭を借景にしたお芝居です。お昼間と夜とでは趣きがずいぶん違いますから、できるならどちらも見ていただきたい。でも「どうしてもどちらか」と、おっしゃるならば私の出ている夜の方「闇の章」にお越しいただきたいのが偽らざる本心です。「闇の章」と名前はなんだかホラーっぽいですが内容は馬鹿馬鹿しい楽しいお話です。

二口大学さんは昼も夜も大活躍されています。二口さんと一緒にお芝居させていただくのもなん年ぶりでしょうか?黒川さん、ダニエルさん、丸山さん、由上さんとは初顔合わせですが、結構息もあって来て良い感じです。本番では精一杯いちゃいちゃしようと思います。客席が本当に舞台から近いので(膝付き合わす感じです。比喩じゃないよ)熱気に当たるかもしれませんがご容赦を。


トランク企画終わりましたー!

トランク企画2days終わりました。ご来場いただきありがとうございました!
共演者の皆さん、務川さん、アンデパンダン、おおきに!!

ほぼほぼ「年に一度のお勤め」というかですね。なんていうかな。お遍路さんみたいな?わかりませんがまぁ「試練」ですね。今回で多分3回か4回目なんですが出演させていただくのが、出演させていただくたびにもうハートがずたずたになるわけです。

インプロのセントラルドグマである「yes and」をおざなりにした門外漢(セリフ芝居メインの俳優)が自己陶酔的な演技を即興でしているだけじゃないのか?

稽古してる時は楽しいだけなんですが、本番お客さんに見てもらう度に浮かぶその自問に、なかなか自信をもって「違う」とは言えないんです。頭じゃわかってるのに、どうしても、こう、相手のアイデアを膨らまして、それを膨らましてもらって、それをもっとカラフルにして…って、繋がっていかない。単発のアイデアでしぼんじゃう。連鎖しないんですね。手持ちの花火みたい。
難しいですねぇ。共演者のアイデアをyesまで出来ても、それを「and」とその場で膨らませて、カラフルに豊かにすることの難しさよ。いやこれは難しいというよりも、思想というか志向というか、きっとインプロをメインでやってる人は「反射」でされることだと思うんです。
「セリフ芝居」の俳優はそれ(誰か、それは主に作家、あるいは演出家のアイデア)を「反射」ではなくて、家で台本を何度も読んで何時間も幾晩も書けて膨らませる。

やってることの内容は同じなんだがそこに掛ける時間が全く違う。ただこれほど「かける時間が違う、同じ作業」ってのは実質「別物」です。42.194kmのその道のりを2時間で走るのと、一ヶ月の間に散歩する。この両者の間には大きな違いがあり、それは「目的(原因)」がもう違っている。「いい芝居、演技をする」という目的でインプロの板の上に立ってしまうと足を踏み外すことが多い。というぐらいのことが、今回4回目(ぐらい)の出演で、そろそろわかって来ました。
まず見ないとね、もっとたくさんインプロを。


名称未設定

「妥協」ととるか「コラボレーション」ととるか。

来月頭に、またトランク企画にお邪魔します。即興劇です。即興劇でも台本芝居でもそうですが、そこにある共同作業を
「妥協」ととるか「コラボレーション」ととるか?
で、その人の人生の豊かさは変わってくるんでしょうねぇ。

その作業に「妥協」というタグを貼る人は、他者と交錯するたびに疲弊し、減摩していく。
その作業に「コラボレーション(巡り合わせ、一期一会)」というタグを貼る人は、どんどん豊かになっていく。

気持ちの問題です。「実際に豊かかどうか」なんてのはわかりません。何を度量衡にするかによって変わります。
「気持ち」を度量衡にするのが一番シンプルだなぁと僕は思っているので、つまり「気持ち的に豊かだと思える」方に舵を切っていこうと思っています。
当日、また僕が「全く今まで見た事ない田中遊」が出現することを期待しています。皆さん是非是非お越し下さいませ。

toranku.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


トランク企画にて、来週、ライブをさせていただくこととなりました。
一緒に、即興という場所を積み上げてきたメンバーに
新しく素敵な女優さんに加わっていただいてのライブです。


トランク企画の即興のフォーカスは
「今に隠れてる秘密を見つけること」

秘密は、きっと秘密としてではなく、本当はいつもそこにあるもの かもしれません。

”今”に注目すると見つかる、キラキラしていたり、静かにそこにあったり
わくわくするようなもの、を発見しながら、そこに流れていく物語を見つけていきます。


今回のテーマは「くち」

「くち」から広がる楽しい構成をご用意していますよ。

どんな物語が見つかるか、は、きっとお越しいただいた皆様次第。

台本も、演出家もいない空間にあるのは、”今”と人のもつ歴史です。
普段は、台詞を伝える使者でもある俳優たちの、生の言葉
そして、ハーモニーを奏でるmollenの素敵な音楽を
「くち」から広がる”今”という即興だからこその、瞬間の繋がりを
ぜひ体験しにお越しいただけますように。


そして!!
会場のアバンギルドは、口から入れていただくお食事も美味しい
素敵な場所です。飲んだり食べたり、もしよかったら出演者とのおしゃべりも
楽しんでいただけましたら幸いです。

メンバー一同、こころよりお待ちしております。
どうぞ、宜しくお願い致します。


トランク企画 木村雅子

*************************

  trunkkikaku vol.25

「くち」

  2017年8月3日(木)4日(金) 19:00 open 19:30 start

  会場:UrBANGUILD (京都市 三条木屋町付近)

  出演:内田和成(MuDA) 大熊ねこ(遊劇体 4日のみ) 島崎真弓(LongForm Project) 田中遊(正直者の会)
     豊島由香  はせなかりえ(ソラシード) 木村雅子<

  音楽:長村創・みお(mollen)

  照明操作:務川智正(劇企画パララン翠光団)

  料金:前売り 2000円+1drink 当日2300円+1drink
     学生・リピーター 1500円+1drink

  詳細HP  https://trunkkikaku.jimdo.com/next-live-1/   


  お申込み  https://ticket.corich.jp/stage/apply.php?sid=83555&sdn=1


予測できない悲劇

私の好きなケーキ屋さんの話をしたいと思います。とってもおすすめです。美味しいし。値段も利口だし。ちょっと遠いんですけども、よく買いにいきます。私は酒飲みなので甘い物ほとんど食べないのですけども、ここのだけは食べたくなる。そんなケーキ屋さんの話です。

先日そのケーキ屋さんによってケーキを買いました。昨日、奈良でお邪魔して来た古事記リーディングで使う小道具(指し棒)をカフェギャラリーときじくにとりにいくことになり、その手前の時間にちょうどそのケーキ屋さんに寄れる、ということで、喜ばれること間違いないので、ときじくへのお土産として、そしてついでに我が家へのお土産としてケーキを買いました。小さいケーキをときじくに2種類×2個=4個、我が家2種類×3個=6個。
本当に美味しいのでここに行くときはいつも何個か口になります。我が家用と、差し入れ用と会社用とか。毎回それぞれ紙袋にわけてもらい、どっちがどっちかわかるように「何個入り」と付箋を貼付けてくださるんです。今回は我が家用のに「○○×3個と△△×3個」と書いた付箋をつけてもらいました。

で、ときじくによって小道具をもらい差し入れをし、家に帰って冷蔵庫に付箋のついた紙袋をいれたわけです。その夜、毎晩のことですが酔っぱらったぼくは部屋でぐでーんとなっていて、娘がデザートにケーキを食べていいか?と聞くので「もちろんお食べ」と「おかぁちゃんにも薦めてあげて」といいました。優しい娘はぐデーンとなってる僕にケーキをわけて一口くれたりして。

で、次の日の夜です。また夕食を終えて。ケーキが残ってるんじゃないの?と。食べなさいなという話になり、ところが奥さんが「私一個も食べてない」というのです。おおそうかと。娘が一人で食べたのか?欲どしいやつだなと思ってみて見ると、もう△△が2個しか冷蔵庫には残っていません。つまり○○三個と△△一個を娘が食べたことになるわけです。で、娘にちょっと他の人の分も残してあげようよ。と話をすると「私は食べてない」と。昨夜と今晩に一つずつは食べたけれどもそれ以外は知らないと。頑としてゆずりません。

じゃ、この付箋はなんだよ!
どうしてそういうすぐバレる嘘をつくんだ!
食べるのはいい。どうせ(美味しいけど)安いケーキのことだ。嘘はいかん!

とかなんとか。さんざん娘を怒って、それでも娘がゆずらないものですから

「嘘つく子は、お父ちゃんの子供じゃないからね」

ということまで言い放ち。娘もボロボロ泣いてるけど、で、結構彼女嘘つきっ子なんですけど、でもどうにも嫌な予感がして、ときじくの雪ちゃんに確認した所

「え?ウチに6個来てましたよ?」

うん。実に些細なボーンヘッドというか、たかだか「四個」と「六個」の付箋を貼り間違えることが、父娘関係に決定的な亀裂を産むことになろうなどとは、お釈迦様でもましてやケーキ屋さんにもわかるわけが無いのですが、だからこそよけいにこの私のモヤモヤしたやり場の無い感情はどうした物かと。

もちろん娘には平謝りして、許してはもらいましたけれども。

ただもう「付箋が張られてたかどうか」なんて証明のしようもないし、…いや、だからこそ余計にこの私のモヤモヤは…!!

そんなわけで、電話したんです。ケーキ屋さん。メールしようと思ったんですがあいにくメールアドレスはわからなくて。

そう、結果的に
ヤカラ(完全体)
になりました。あくまで「結果的に」ですよ。怒鳴ったりしてません。「こういうことが起こりえるので、まぁ、しゃーないですけど、今後気をつけてくださいね。僕ファンなので、また買いにいきます」ぐらいの電話でした。

でもまぁ、おすすめしたいぐらいにケーキもおいしいし、ちゃんとしたお店なので「それは娘さんに悪いことをした。お詫びのケーキを遅らせてもらっても良いか?」という、とても親切な対応をしていただいてますますファンになった、と、そう言うお話です。だって、付箋張り間違えたかどうかなんて言うたもん勝ちというか、実際そうだったかどうかわかんないのにです。

いや本当に皆さんに是非利用してもらいたいのですが、まかり間違って、僕みたいに「付箋張り間違えとるやないかい!」って(そんな事実も無いのに)ヤカる人が出ないとは言い切れないので、無念ですけどお店の名前は出せません。
また買いにいこうっと。

夏ですなー。

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク